ハーレーダビッドソンを楽しむウェブのTOPに戻る


ハーレーダビッドソンを知る

キングオブオートバイと言えば、多くの人がハーレーダビッドソンを思い浮かべるでしょう。
通称ハーレーとも呼ばれ、アメリカンバイクの代名詞とも言えますね。独特の鼓動感と外観に魅かれる日本の愛好家も多く、所ジョージさんや長渕剛さん、若い世代では長瀬智也さん、堂本光一さんといった芸能人も挙げられます。そのハーレーダビッドソンを製造している会社とは、どのようなところなのでしょうか。

ハーレーダビッドソンとは、1903年にアーサー・ダビッドソンとウォルター・ダビッドソンの兄弟、そしてウィリアム・シルヴェスター・ハーレーによって設立されたオートバイ製造の会社です。オートバイの心臓部であるエンジンの設計をハーレーが担当したため、会社名はハーレーの名が先に来ているのです。
本部はアメリカウィスコンシン州ミルウォーキー市にあります。現在は多くのオートバイメーカーが存在しますが、一時期アメリカにはハーレー1社という時代もありました。

日本におけるハーレーダビッドソンの歴史は、1912年、日本陸軍が軍用車両として輸入し、サイドカーを中心に使用したことに始まります。1930年代には三共株式会社が正式ライセンスを得て国内生産を行い、「陸王」の名称で販売しましたが、1959年には生産が打ち切られます。
その後、ハーレーダビッドソンは代理店による輸入販売が行なわれてきました。1989年ハーレーダビッドソンジャパン株式会社が設立され、正規販売が開始します。それ以降個人での並行輸入は激減しているようです。

本社工場に行けば見学ができますし、2008年にはハーレーダビッドソンミュージアムが開設しています。アメリカを訪れたときはぜひ行ってみたいスポットですね。